ビル

効率の良い会社経営のため

会社を大きくしていくために有効な手段として企業買収が挙げられ、メリットのある方法です。メリットのある方法ですが、デメリットも存在していますので把握して回避していく必要もあるでしょう。企業買収を検討する経営者の方は、慎重な判断が必要です。

握手

選択肢に加えよう

企業買収を行うことで、短時間で売上と人材を手に入れることができます。企業を売却することをポジティブに考える経営者も増えてきており、企業買収は事業を拡大していくための重要な選択肢と1つとなってきています。

会社を売りたい

株

仲介業者の選び方

会社の経営を止めるさいの選択肢は、会社を精算してしまうか、または会社を誰かに譲渡する2つの方法があります。会社の精算は主に赤字経営などで将来において回復の見込みがない場合に取られる最終手段とも言えるものですが、事業そのものが黒字経営であれば精算してしまうのは、何かと不利な行為といえます。例えば会社の資産をすべて精算し、仮に利益が出た場合には、その利益に対して税金が多く発生するためです。このため手元に残るお金は精算した金額よりも大幅に減ることになります。一方で株式会社であれば、株式譲渡をするだけで会社の経営権を譲渡できます。株式譲渡で発生した利益でも当然ながら税金が発生しますが、株式譲渡は申告分離課税となっており最高税率が20%固定ですので税金の支払いも限定的です。このため事業が順調であれば精算よりも株式譲渡で売却する方が経営者にとっては多くのお金を手に入れることができます。しかし、株式譲渡を行うためには仲介業者を入れる必要があります。上場企業であれば証券会社が仲介してくれますが、未上場や未公開の場合には、M&A仲介業者に依頼することになります。選ぶさいのポイントとしては、実績、価格、スピード、サポートの4点のほか、特定の業界への特化性や取扱件数の豊富さなどです。特に売る側にしても買う側にしても案件数が多いほど選択肢が増えますから、取扱件数の多さは株式譲渡先を選ぶさいのメリットになります。

男性

M&Aは成功するのか

M&Aがもたらすメリットは市場の拡充やノウハウ、財務力強化などが挙げられますが、一方で企業買収により財務状況を悪化させてしまう恐れがあります。M&Aを成功させるためには経営戦略や失敗や方向転換もある程度想定しておく必要があります。