選択肢に加えよう

握手

会社を経営していくにあたって、売上とそれに伴う利益を伸ばしていくことは至上命題と言えます。売上と利益を伸ばすには、既存事業の強化を図ると共に、新しい分野にも進出していく必要があります。既存事業の強化は、今までの事業の延長上にあると言えます。そのため、どこを改善していけばよいのかということは、比較的わかりやすく、それほど大きな労力はあまりかかりません。しかし、新しい分野への挑戦は、かなりの労力を必要とします。なぜならば、売上をゼロから積み上げていかなければならず、また、人材についても経験者を中途採用したり、初めから教育したりしなければならないからです。新しい事業を始めようとすることが、企業の大きな負担になるケースもしばしばあります。ただ、新しい分野にスムーズに進出できる方法もあります。それは企業買収を行うことです。ある分野で一定のシェアを握っている企業を買収することで、売上を積み上げる時間や人材を教育する時間を大幅に削減することができます。そして、企業買収が完了した直後から売上と利益が伴います。最近では、企業買収についてポジティブに考える人が増えてきました。事業承継の問題もあり、育ててきた企業を他社に売却することを考えている経営者も増えてきています。そのため、候補案件も充実してきている状況です。会社を大きくしていくために、企業買収は経営戦略上の重要な選択肢と言えるようになってきました。